読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時給764円

自転車は通勤で、ハチロクとは腐れ縁で、ドリフトはたしなむレベルで、カメラはドリフトばっかり撮ってます。

初めての村上春樹

どっちかというと私は漫画の方が好きでして、小説なんて滅多なことでは読まないんですが、何を血迷ったか村上春樹1Q84に手を出してみました。

 

ええ、高速の非常階段を降りるのに30ページも使うのかと………

 

 なんで新作の騎士団長殺しじゃないのかっていいますと、興味がなかったので新作出るって知らなかったんだよね......

 

なんていうかですね、村上春樹の名前がなかったら10ページぐらいで見捨てられそうなほど、スタートのつかみが遅いです。私も頑張って1章ぐらい読もうと思ったから読んだけど、頑張る気がなかったら捨ててます。週刊少年ジャンプの連載なら10週で打ち切りが決定した後に本気出す、そんな感じです。

 

まあ、連載じゃないからできる作りだなぁと。

 

とりあえず4章までは読みました。やっと物語が回ってきたようななんなような…

 

 

ちなみになんで急に小説なんぞといいますと、響 ~小説家になる方法~というなかなかの怪作マンガを読みまして、これがまあ私好みで面白いわけで、まだ5巻までなんですけど5巻までまとめ買いして、暇を持て余した私は1日に3回も読み直したわけで。

という感じで、小説ってどんな感じなんでしょうねー、とおもったわけっすよ。

 いままで小説を読んだことがないわけじゃぁないんですが、指折り数えられるぐらいしか記憶にないし、いわゆる文芸という方面はさっぱり読んだことがないんですよね。

 

まあでも、今みたいに何でもかんでも略しちゃうような世の中の雰囲気だと、高速の非常階段を下りるのに30ページも使うような世界は敬遠されちゃうよなー、と思いましたわ。

マンガならいいとこ3ページでしょ、これ。士郎正宗なら1ページだよ。

時間のない現代人には、少しの出来事をだらだらと引き延ばしてるように思えるものって(実際にはそういうわけじゃないんだけど)、付き合ってられないわー、って感じになるんでしょうねー

 

 

ラノベと呼ばれる前のぐらいの小説の方が

鹿アタック

うーん、なんか違う

response.jp

野生動物の行動の怖いところは、見えない場所から飛び出してくることなんだよ。 ガードレールの向こうの森の中からとか。

人間は自動車を自動車として認識しているから、音や姿で自動車だとわかれば飛び出してこないわけです。当たると死んじゃうから。

でも、野生動物は自動車が何かわかってないから飛び出すわけで。

で、鹿とかは体重が500kgとかを超えていたりするわけ。 一昔前の軽自動車並みの重量あるんだよ、あいつら。

おそらく、このボルボのシステムは、人間が鹿とであったときの一瞬の判断の遅れを埋めてくれるシステムだと思うんですが、結局のところたぶんぶつかるだろうなぁと。車は壊れるけど、人間の怪我を軽減しようかねー、程度の役割だろうなと思うわけですよ。なので、過度な期待はしないように、と思います。

なんでかって?

結局のところ、こちらが最速でブレーキ踏んでも間に合わないタイミングで飛び出すんだよ、あいつらって。

真横に一回飛び込まれたからよくわかるよ、ほんとさ。ふざけんなって。死にたがりかよって。

しかも、どこに走っていくかぜんぜん検討つかない。道なりに逃げていくこともあるし、1頭飛び出したら、その次も飛び出してくるし、正直バカって言う字の意味がよくわかる。馬と鹿はバカとしか言いようが無い。

草むらや森の中まで生体反応の探知とかしてくれたらいいんだけどねぇ、まあそれはありえないかー

燃費のカラクリ

そうえばヴィッツにハイブリッドが登場して、アクアと食い合うよなー、って思ってました。

 

trendy.nikkeibp.co.jp

トヨタの広報が食い合うって言い切っちゃってるよー

 

まあ、それはおいといて、ほかの車種を見せかけだ何だとおっしゃるのでカタログ見てみたよ。

 

http://www.honda.co.jp/Fit/common/pdf/fit_spec_list.pdf

 

本当にグレードで燃料タンク違うやん!

全部32Lかとおもったら、一部40Lのグレードもあって、確かに40Lタンクのほうは若干燃費が落ちてます。

というか、これ、ほんとカタログスペックだけのちがいで、乗り比べてもほぼ使用条件の誤差で埋まるだろうよ…、この数値の差は重量差約50kgによるものと考えられるから、助手席に一人乗るとか、荷物積むとかでそのくらい変わっちゃうから、全体的な平均取ったら違いはあってもそれほど大きくは変わんないんじゃないですかねぇ。

まあ、ヴィッツは全部35Lタンクでそろえてるから、こういうところを指摘できるんでしょうけど。

 

というか、つまらんことやってるなーホンダさん。燃費いいから全グレード32Lタンクで大丈夫です!って言い切って、全車種32Lタンクでそろえちゃえばよかったのに。

 

NOTE e-power S のエアコンのほうは

www2.nissan.co.jp

こちらの下のほうの「標準装備・オプションパーツ」という欄に「空調」という選択肢があるので見てみると…

「マニュアルヒーター(ダイヤル式)」

って書いてるよ!

ちなみにe-power X のほうはオートエアコンになってるので、本当にエアコンなさそうですよ。

それで車両総重量40kgちがうからなぁー

 

ちなみにアクアとヴィッツだったら、まあどっちでもいいんじゃないのって気がしました。

アクアはグレードで燃費の差があるけど、全部エアコンつきですから、違うとしたらエアロとタイヤサイズかなーと。ダウンフォースを発生するエアロは空気抵抗になるし、16インチの幅広タイヤは、出足の重さと転がり抵抗になるだろうし。

で、アクアとヴィッツの違いは、たぶん重さとボディ形状による空気抵抗での燃費の違いかなと。

 

広報の方が言うように、実際に使ったらヴィッツが一番燃費がいいというのは、何を根拠にしてるのかなと。アクアのカタログスペック悪いほうと比べても何の説得力もないんだよなぁ、カタログ上ですでに勝ってるんだから。

 

まあ、燃費を謳ってるくるまなんて、ぎりぎりまで合法的なインチキしかけてきてるわけですから、広報の言うこともどこまで信用できるのかなと…

hourlywage764yen.hatenablog.com

ほんと、タイヤの空気圧のからくりはひでぇとおもうよ。

みんなも3キロぐらい入れて試してみたらいいんですよ、結構かわるから。その代わり滑ったら止まらないけどね。

 

 

 

イエローバード

Youtubeでたまたま見かけたんですけど、当時の動画とか残ってたんですねー

www.youtube.com

RUF CTR 通称イエローバード 496馬力、最高速度342km

1987年でこのスペック、かなりの部分がアナログ制御の時代ですよね。

そりゃぁ冒頭の動画のようなドライブになるよねー 完全にエンジンが勝っちゃって、それをドライバーがねじ伏せるスタイル。

しかし、RRのトラクションは凄いね、縦にスライドしていくという感じ。

ちなみに、当時のWRCは、前年度でグループBが終了して、グループA元年。 日本のツーリングカーレースはフォードシエラが強かった次代。たぶん、スカイラインはR31のGTS-Rとか、スープラの名前も、スタリオン(!)の名前も。 スポーツカープロトタイプはいわゆるCカーの時代で、ポルシェ962C全盛期。 F1はウィリアムズFW11の時代、ターボカー1000馬力の時代。 フェラーリもF40を出したころですかね。

パワーありすぎて乗れる奴がいねぇ!

って時代の絶頂期ですねー

だからこそ、ロマンと迫力あったんかなー、って気がします。

www.youtube.com

いつみてもやべぇっすわー

何をしたらどうなった

 f:id:taira_109:20170219143816j:image

もうスケートリンクでしたよ…

 

こういう路面ではFRは何点か注意すべきことがあって、その中でも予想外であろう事が、アクセルオフでリアが流れる現象かなと。

 

平地や登りでは現れず、下りとカーブで現れます。

 

エンジンブレーキを効果的に使いましょうって言われてる状況でエンジンブレーキを使うと大変な目に合うという不思議!

 

おそらく立ってる事すらままならない路面でしか出くわさないと思いますが、あれーなんでー???って感じですよ。

 

よーく考えると路面よりタイヤの回転が遅くて滑ってる訳なんですが、エンジンブレーキフットブレーキと違ってロックしないから滑らない、っていう思い込みがあるから、滑ってる理由に気がつかないんですよね。

 

理屈がわかれば、逆にちょっとアクセル入れてやると路面とタイヤの回転速度が上手く合って、滑るのが止まるんですけどね。

わからないと速度超過だと思ってブレーキ踏んじゃうと思うけど、それやると今度はフロントも滑ってくだろうし、リアももっと滑ってくだろうなぁと。ABSあっても滑り出したのが止まる訳じゃ無いからねぇ。

 

アクセル踏んだとき以外もリアが流れることあるんですよ、って話でした。

 

 

 

 

ちなみにこの路面だと、FFだと駆動輪が前タイヤ、つまり舵をきるタイヤなので、エンジンブレーキでアンダーが出ます。これまた、速度の出すぎと勘違いしてブレーキ踏むとさらにロック気味になって真っ直ぐ行っちゃいます。

結局のところどんな駆動方式でも危ない路面なんですよね、要は安全運転しましょうってことですねー

無灯火に出くわした話

先日、無灯火の車に後ろに貼りつかれたんですよ。

なんで無灯火なのに気がついたかというと、その車は左の脇道から出ようとしていた時に発見して、その時点でも無灯火だったんで、危ないなー、って思ってたわけです。

夜中に無灯火で走っちゃうようなお脳のあたりに欠陥がありそうな危険な車は、近くにいるだけでそいつの何かに巻き込まれかねないので、どこに行ったか気にしてたんですよね。
そしたら、残念なことに私の後ろに来たわけですよ。

そういう時たまにやるのが、信号で停車中の時か、離れてる時限定ですが、こちらの車のライトを一瞬だけ全消しするんですよ。
そうしたら、ヘッドライトをつけていない後ろの車は前の車のライトが一瞬見えなくなるわけで、 自分の車のライトが付いていないことに気がつく………だろうという考えです。

大体はそれで気がついてライトつけてくれるんですけど、その車は全くの無反応、気がついてないボンクラっぷり、どこ見て運転してるんだろうと……

そうなると、その車がどう動くか本当に注意しないと本当に危ないんですよ。

車線変更しようと思ったら横にいた!

って事もあり得ますから。
通常であれば相手のヘッドライトで居場所がわかりますけど、ライトを消された場合、横はこちらのヘッドライトでは照らさない場所ですから車の色によっては見えにくいこともあるでしょうし、Cピラーの影、いわゆる死角にいた場合などは本当に危険です。

しかも、相手は「ライトをつけ忘れていることに気がついていない」という状態であり、いつもの通りに前の車が気がついていることを前提で追い抜きをかけてるつもりな訳ですよ。

ぶっちゃけイニシャルDのブラインドアタックよりタチ悪いですよ。

それでいて無灯火の過失割合ってさほど大きくないわけですから、世の中にどうなってんだって感じですよね。

いい加減なんとかしようよー、ほんとに!

メーターの照明でライトのつけ忘れに気がつかないオプティトロンメーターは全てオートライトを装備すべきで、しかもオートライトのオフが出来ないようにするとか、ほんとにさー

恐怖政治で治安を守るようで嫌だけど、日没後の無灯火の過失割合は5割ぐらいにしてくれないだろうか。

ほんとにイヤになっちゃうよ。

電動歯ブラシのその後

電動歯ブラシにしてみました、ってハナシをしましたよね?

hourlywage764yen.hatenablog.com

パナソニックのドルツを使ってみてたんですけどね、結局時短にならなかったという話。


横磨きができるので期待してたんですけど、結局手磨きと同じぐらい時間かかってました。

で、凄く悩んだ上、もう一本いってみようということで買いました。


ブラウンの一番安いやつ! 乾電池で動くやつですね。

ヘッドが回転(反転)するやつです。

そして使ってみた感想ですが。

これは早い! 時短になる!

2分とはいわないけど、10分かかってたものが5分ぐらいに圧縮されました。

あと、ヘッドの多きさがどうなるかと思ってましたが、ブラシが実は短いのと、奥のほうまでギリ入ったのと、奥で前後や上下に動かさなくてもその場でブラシが回転するので、じっさいのところ手磨きや音波ブラシよりよく磨けるようになりました、これはうれしい誤算です!

ただですね、弱い面もありまして、歯周ポケットは無理ですね。なんせブラシが普通の太さですし、回転してますから。歯周ポケットはやはり極細ブラシで横磨きです。

ドルツの横磨きのブラシストロークが1cmぐらいあればいいんですけどねーー